安いだけで選ばない!市販の育毛剤の評価とは

育毛剤を使ってみたいと思っている段階で、既に抜け毛や髪のボリューム、薄毛の部位が気になっているはずです。

育毛剤は、身近であればドラッグストアで購入出来ますが、選ぶ時は慎重に選んで購入しましょう。

ドラッグストアに並ぶ育毛剤のポイント

出来ることから始めたい気持ちですぐ買うことのできる市販の育毛剤から育毛ケアをスタートするケースが多いのもよくわかります。

しかし、ドラッグストアやスーパーなどの身近ですぐ買える育毛剤を選ぶのは慎重にならなければなりません。

というのも、市販の育毛剤はイメージ先行で販売されているケースが多いからです。

いきなりドラッグストアに行って育毛剤を選ぼうとしても、有名な製薬会社が発売元だったりカッコいいデザインだったり、テレビで見たことがあるから、といったイメージで購入を決める人がいます。

市販の育毛剤の多くは医薬部外品なので育毛効果がそれなりに確かめられて発売されている点では安心して使えるのは事実です。

育毛のための有効成分や配合バランスがどの程度育毛に効果があるか、成分表示を見ただけではよくわからないと思います。

「頭皮にダイレクトに効く」「髪の毛の生える環境を整える」といったキャッチコピーで選ぶのはちょっと待ってほしいのです。

育毛剤のクオリティは価格次第?

市販の育毛剤の多くは1000円から数千円程度のものが占めています。

育毛剤ならどれも似たようなものだろうと、できるだけ安い商品を買いたくなる気持ちはよくわかります。

しかし、育毛剤にも安いよりは高い方が有効成分に信頼が置けるという面は否めません。

もちろん、どんなに安い育毛剤でも自分の薄毛の状態にピッタリとマッチして実感できるものもあるでしょう。

ただ、多くのケースで真剣に確実な成果を期待するなら高価な育毛剤のほうが実感を感じたという声が多い傾向にあります。

育毛業界のなかでも優れた効果が実証されている有効成分が豊富に多く含まれている育毛剤、それこそが値段よりもあなたが選ぶべき育毛剤だと思います。

高価な育毛剤が持つメリット

価格によって差が出るのは、健康に対する細やかな配慮も一つです。

たとえば高価な育毛剤になると無添加にこだわって肌へのストレスを出来るだけなくし、副作用の心配のない商品を作ろうというコンセプトで開発されています。

製薬メーカーからすれば、香料や保存料、安定剤といった添加物をたくさん使う方がコストも安く済みます。

流通や保存のしやすさという点からも楽になるというわけです。

ただし、添加物はどうしても地肌に直接使う育毛剤では避けたい成分です。

長期的に使うことによってアレルギーや皮膚科的な疾患になる可能性も強まるからです。

一方で高価な育毛剤であれば研究によって生まれた有効成分は惜しみなく配合しながら、健康には避けるべき添加物を加えない無添加製法を採用することが可能です。

価格面には跳ね返ってくるものの、地肌に直接塗り続けることを考えれば必要なコストと捉えることができるでしょう。

安さよりも効果や安全性で選ぼう

市販の育毛剤は安さ重視だったり、購入のしやすさではメリットがあります。

ただ、長期的に使用するという話になると通販でしか手に入らないような高価な育毛剤のほうが効果が期待できたり、副作用の心配が少なかったりとメリットが大きいのが実際のところです。

育毛剤にも肌質との相性があるため、高価な育毛剤なら万一の場合でも全額返金保証制度があれば使用を中止して次の育毛剤に乗り換えることもしやすいのです。

値段だけではありませんが、育毛剤でも価格面によってメリットの違いがあることは踏まえておきたいものです。

女性用の育毛剤は市販より種類が豊富な通販がおすすめ

薄毛や抜け毛で悩んでいると聞くとたいていの人が男性を思い浮かべるかもしれません。

ハゲといえば中年男性といったイメージは大きく根付いています。

しかし、最近、女性の薄毛が問題になっているのです。

女性で育毛ケアを始める人が増えている

 

女性が薄毛になるというとよほどの高齢以外は考えられませんでした。

ストレスや病気で脱毛症になることはあっても、加齢によって徐々に抜け毛が増えていくというのは男性特有のものと考えられてきたからです。

ただ、ここ数年で女性用の育毛剤市場が拡大していることからわかるように、薄毛に悩んで髪の毛を何とか改善したいと願い女性が急増しています。

円形脱毛症のように一時的なものではなく、男性型脱毛症と同じような原因が背景にはあると考えらます。

現代社会はストレスだらけといっても過言ではありません。

家庭や育児、仕事から人間関係といった精神的なストレスはもちろん、住環境や移動手段、食生活や生活習慣といったライフスタイルが人工的に偏り過ぎているのも身体には多大なストレスを与えています。

そんななか、頭皮の環境を損ねてヘアサイクルに異常を来たし、髪の毛が抜けやすくなったり、せっかく生えた髪が成長できないといった症状を訴える女性が増加しているのです。

ライフスタイルの現代化によってストレスの影響を受け続けると男性ホルモン優位な体になり、女性であっても抜け毛が促進されやすくなります。

結果として、中年女性を中心に男性でなくても思わぬタイミングで薄毛になってしまうというわけです。

市販の育毛剤の欠点とは

薄毛に気づいたら、まず育毛剤を試してみるというのが女性でも一般的です。

最近はテレビCMや新聞の折り込み広告でも女性用の育毛剤の宣伝をよく見かけるようになりました。

女性用の育毛剤があるというのを知る機会が増えてきたというわけです。

実際、ドラッグストアに行くとまだ数は少ないものの市販の育毛剤を手にすることができます。

ただし、市販の育毛剤は大手の製薬メーカーが大衆向けに製造している点で、効き目のゆるやかな成分を選んでいる傾向にあります。

また、本来、育毛ケアとしては疑問の残る香料や保存料といった化学物質を添加物として使用していることがほとんどです。

薄毛の女性の頭皮はダメージを受けていることが多いのですが、そこに添加物や刺激に強い香料を塗ると敏感な地肌にはかえってトラブルにつながる可能性が残ります。

通販なら広い選択肢の中から納得して選べる

通販なら、ドラッグストアで手に入る商品の他にも女性用育毛剤として独自開発した商品を手に入れることができます。

また、通販サイトによって違いはありますがメーカーによる返金保証システムが用意されていたり、使用する上での不安をカスタマーサポートで相談することもできます。

さまざまなメーカーがしのぎを削っている女性用育毛のジャンルなので成分にもこだわり、フォローも厚い商品が豊富に存在しているのが通販育毛剤のメリットです。

このように、女性用育毛剤は市販の育毛剤よりも通販で豊富な種類の中から自分に合いそうな商品を一つ一つ吟味して選ぶ方がおすすめです。

選択肢が豊富だと言うことは、当然、薄毛の改善に近づきやすいといえるのではないでしょうか。

それぞれの独自成分や製造方法はもちろん、各メーカーによるサービスやキャンペーンの違いも踏まえながら、メリットの高そうな育毛剤からチョイスして自分の頭皮にフィットする商品と出会えることを願っています。

ドラッグストアと通販で買える育毛剤はどちらがおすすめ

薄毛が気になり始めたり、そろそろ年齢的に育毛剤を始めようかなと思ったら、どこで購入するでしょうか。

育毛剤は、ドラッグストアや通販などで購入出来ます。

一体、どちらで購入する育毛剤がおすすめなのか調べてみました。

育毛剤が買える場所は広がっている?

育毛剤の商品は種類も豊富です。

コンビニエンスストアですら置いてあるケースもあります。

パッと現物を見て選ぼうとするならドラッグストアが真っ先に思い浮かぶのではないでしょうか。

メンズコーナーの一角、シャンプーやヘアケア商品と並んで育毛剤が並べられています。

大手の製薬メーカーから普段耳になじみのないメーカーの育毛剤まで何種類か店頭で目にするはずです。

一方、ネット通販市場が年を追う毎に拡大している現在、育毛剤もネットで購入する流れが強まっています。

髪の毛が気になり始めてとりあえず薄毛の原因や対策を調べるときにもまずはネットからという人が多いことでしょう。

クリック一つで自宅まで宅配してくれる便利な通販なら忙しくても自分の好みの育毛剤を手に入れることができます。

とはいえ、ドラッグストアの育毛剤と通販の商品とではそれぞれに一長一短があるのです。

ドラッグストアの育毛剤は大手製薬企業が主流

テレビCMをはじめ市販薬でもおなじみの製薬会社が育毛剤も発売している。

そんなイメージなのがドラッグストア店頭の育毛剤です。

昔から愛されてきた製薬会社の商品だけにブランド力と安心感があります。

大手製薬メーカーの育毛剤は予防には一定の効果があるかもしれません。

また、初めての育毛剤として選択するには価格もお手頃で近所で気軽に買いやすいというメリットもあります。

反対に、ドラッグストアで販売されている商品は、多くの購入者を対象にしているだけに薄毛対策としてのアプローチがぼんやりしがちです。

薄毛のタイプは個人差が大きく、原因もさまざまです。

頭皮の健康のため穏やかな効き目がある成分から作られていますので、強力な有効成分が含まれない商品も存在しています。

ドラッグストアの育毛剤であっても医薬品として販売されているものは別です。

とくに大正製薬のリアップは医療成分であるミノキシジルが配合されているため薄毛治療の立場からも有効度が抜け出しています。

その他の商品はどうしても生薬エキスやスキンケアの延長ラインから配合成分が決まっているため、ぼんやりとした期待でとどまるようです。

通販の育毛剤はより本格的な成分

育毛剤の中には通販だけでしか手に入らない商品があります。

とくに育毛剤をメインで製造しているメーカーの商品では特定の商品に特化した体制が取られているため使われている生薬や育毛成分の濃度やバランスもより濃いものが多く見られます。

とくに独自の育毛理論から開発された個性的な育毛剤も通販のほうが入手しやすくなっています。

ドラッグストアの育毛剤より、イチオシの成分がしっかり定まっていたり、成分の配合バランスにこだわっていたり、製造方法が他では見られない技術を採用していたりと目を引くのも通販の育毛剤です。

「生薬エキスを抽出するのに水を一滴も使わない」「大豆とトウガラシの成分から髪の毛の成長を引き出す理論から誕生した」「医療用成分と同レベルの効果が実証された」

このように、ドラッグストアでは誰でも頭皮ケアを気軽に始められるような幅の広い商品だった反面、ターゲットや効果を絞って開発されているのが通販の育毛剤の特徴です。

初心者であればドラッグストアで購入してすぐに今日から薄毛対策というのも良いでしょう。

ただ本格的にじっくりと薄毛の改善を目指したいなら通販の育毛剤を比較検討して納得できる商品を取り寄せることをおすすめします。

AGAの男性に市販の育毛剤はおすすめか?

男性特有の薄毛である男性型脱毛症という病気もずいぶん知られるようになりました。

男性の薄毛に、市販の育毛剤はどこまで効果があるのでしょうか?

根治が難しいイメージのAGAとは

テレビCMやメディアの情報を通してAGAという言葉を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

いったんAGAに掛かってしまうと直すのはとても大変なイメージがあります。

世代に関係なく周囲で薄毛になってしまった人の多くがどんどん生え際の後退や頭頂部の薄毛が進行していくからかもしれません。

40代や50手前であっても見事にハゲてしまった人の印象が強いせいか、一度薄毛の症状が始まると取り返しが付かないという思い込みがあるようです。

ただAGAは初期症状のうちなら十分に改善が見込める病気とされています。

ちょっとボリュームが減ってきたり、つむじの寂しさを感じてきたりといった段階では毎日の育毛ケア次第で髪の毛を元のように取り戻せる例が多いからです。

男性ホルモンの影響過多によって抜け毛が促進されるAGAでは育毛剤によるデイリーケアは必須だといえます。

市販の育毛剤は『薬』ではない

一般に販売されている育毛剤は確実に髪の毛を発毛させる効果があるものではなく、あくまで『髪を育てる』可能性が高いといったレベルに留まっています。

もし毛根をダイレクトに活性化させて発毛効果が実証されている成分が含まれているのであれば、それは育毛剤ではなく医薬品としての発毛剤のジャンルです。

市販の育毛剤の大半はAGAの治療ではなく予防や改善が見込めるといった程度の効果に留まります。

これは育毛剤が使う価値が低いという話ではなくて、医薬品と医薬部外品という薬事法でのカテゴライズに影響されていることでもあります。

原因が複雑なAGAでも市販の育毛剤を使う余地あり

育毛剤を確実な発毛効果のある薬品と捉えるのではなく、あくまで予防や改善をサポートするためのアイテムとして考えれば育毛剤の使用価値は十分にあります。

薄毛にならないように予防したり、薄毛になってしまった部位を元のように少しでも近づけようという目的なら市販の育毛剤はコスト面でもケアのしやすさの点からもおすすめです。

AGAの場合、発症の原因が複雑で様々な要素が絡まりあっており一筋縄でいかないのは事実です。

ドラッグストアや通販で購入できる育毛剤の大半は、まず髪の毛の生えるベースである頭皮の状態を健康に導こうという意図で配合成分が決められています。

男性ホルモンに関連した5αリダクターゼの問題をはじめ日頃の生活習慣や食生活、そして遺伝といった厄介な問題を含めて、育毛剤を使う時には地道なケアが求められます。

特効薬的に配合されている有効成分はたいていの場合効果だったり、薬事法としては医薬品のジャンルに当たることが多いからです。

もちろん発毛治療を通して医薬品の処方を受けている人でも頭皮の環境を整えることは健康的な髪の毛を取り戻すために欠かせないポイントです。

発毛剤だけではどうしてもカバーできない部分を市販の育毛剤でおだやかな改善を期待するのは方向性として正しいといえます。

AGAの改善を考えるとき、医薬品と医薬部外品のどちらも併用してアプローチするほうが相乗効果を狙うことができます。

毎日のケアは大変になるかもしれませんが、少しでも早く薄毛の改善や予防に取り組みには必要な対策です。

AGAといえば専門医による治療薬の処方という方法は大切なことです。

ただ市販の育毛剤も頭皮環境を正常化するという育毛のベースに関わる課題を埋めてくれるのに大きな効果を発揮してくれるヘアアイテムだといえます。

安い市販の育毛剤の成分は効果があるのか?

製造メーカーによって育毛剤に配合される成分はさまざまです。

安い市販の育毛剤で使われている育毛成分にはどのようなものがあるでしょうか。

市販の育毛剤は千差万別

育毛剤の値段によって効果の高い成分が使われているかが左右されがちです。

高価な育毛剤は手を出しづらい分、育毛業界でも効果が高いと実証されている有効成分を中心に配合が考えられています。

ただ、安い市販の育毛剤にはまったく効果が期待できないのかというとそういうわけではありません。

薄毛が期になり始めた初心者なら、いきなり高価な育毛剤を購入するというのは気持ちの上で勇気がいるものです。

経済的な負担が大きいため、高いお金を出しても本当に効果があるか心配になるのは無理もありません。

ただ、安い市販の育毛剤は薄毛ケアのファーストチョイスとしては気軽にトライできるので育毛習慣を身につける意味でもおすすめといえます。

定番成分は効果もそれなり!?

基本的にヘアケアだけでなくスキンケアの世界でも古くからおなじみで広く使われているものが中心となっています。

「頭皮の環境を整える」というのがあらゆる育毛剤の大きなテーマです。

それは育毛剤の値段に関わらずベースに流れています。

定番の成分は肌に使われてきた歴史も長く、効果や副作用といった研究や確認がしっかりと判明しているものばかりです。

アレルギーや肌トラブルといったリスクが少ない成分が多いため、お肌に自信がないという人でも安心して使いやすいのが特徴です。

すべての育毛剤に配合されているといっても過言ではない成分に甘草エキスがあります。

主成分であるグリチルリチン酸として配合されている場合もあります。

甘草エキスは漢方薬では必ずといっていいほど使われるぐらい定番の生薬で、育毛剤では消炎作用が期待されて使用されます。

殺菌作用も高く頭皮の汚れやフケ、かゆみを予防して頭皮の健康を守ります。

甘草エキスは昔から使用されてきた成分で、頭皮の環境を改善する目的で多用されています。

高い安全性が確認されているので副作用の心配もまずありません。

安い育毛剤の定番成分ひとつピックアップしても頭皮の健康回復に役立つため、劇的な効果は難しいとしてもゆるやかな育毛につなげる土台作りに有効といえます。

話題の注目成分は効果も期待できる

安い育毛成分にはこうしたゆるやかな有効成分を中心に配合されています。

ダイレクトに頭皮や毛根の細胞にアプローチをするという点ではそれなりの値段のする育毛剤のほうが効果が高いといわれる注目成分をメインに配合されています。

発毛治療薬として知られるミノキシジルやフィナステリドと同様の効果が確認されているM-034エキスをはじめキャピキシルやバイオポリリン酸など、安い市販育毛剤では使われていない話題の成分が配合されているのがポイントです。

高価な育毛剤でメインに配合されている成分は、育毛剤メーカーが長年の研究と開発費を掛けて作り上げたものが揃っています。

発毛医療の立場からの監修も踏まえて成分が配合されている点は安い市販の育毛剤成分にはないシャープな効果が期待できるのは確かです。

安い育毛剤の基本的な目的はダメージのある頭皮をやさしくマイルドに健康状態へとリードするというものです。

値段の差の違いはあっても育毛ケアのベースになるのは間違いありませんが、本当に実感できるまでどれぐらいの時間が掛かるのだろうかという不安はついてまわると考えてよいでしょう。

市販の育毛剤であっても値段はそれなりに効果に反映されていると思ってください。

育毛剤の比較 | おすすめのリアップとフィンジア

育毛剤を使おうかなと思っても、種類が多すぎてどれにしようか迷います。

そこで、人気の育毛剤リアップとフィンジアの成分を比較してみましたので参考にして下さい。

育毛剤リアップの有効成分について

リアップは壮年性の脱毛症に向けて開発された育毛剤で、テレビCMや雑誌広告などで良く目にする事から、知名度としては市販の育毛剤の中で最も高いのではないでしょうか。

主な成分として、育毛剤の代名詞ともいえるミノキシジルが配合されおり、市販品の育毛剤として第一類医薬品に分類されています。

ミノキシジルは血行を促進させる効果があり、壮年性の脱毛の原因のひとつである頭皮の血行不良を改善させます。

血行の改善により、髪の毛の元となる毛乳頭に酸素や栄養が行き渡ることで発毛を促すとされています。

リアップには種類があり、ミノキシジル濃度が1%で男性用と女性用がそれぞれ一種類、5%で男性用が一種類販売されています。

ミノキシジル濃度が5%のものに関しては、女性は顔の多毛症の恐れがあるため使用禁止となっています。

副作用については、よくある症例として頭皮の炎症によるかゆみが上げられます。

副作用の出る割合はミノキシジル1%配合では5%の方に、5%配合では9%の方に見られ、軽度でもそのまま継続して使用していると悪化の可能性が強まるので直ちに使用を中止することが大切です。

また、元々ミノキシジルは高血圧の薬として開発されており、副作用として多毛症の症状が複数の患者に見つかったことから育毛剤として使われるようになった経緯があります。

そのため、外用であれば可能性はそう高くないものの、低血圧を引き起こす可能性があります。

あくまで壮年性の脱毛症を対象としているので、薄毛の大半の占める男性型脱毛症(AGA)にはあまり効果は無いとされています。

壮年型脱毛症が血行不良が原因であるのに対し、男性型脱毛症は悪性男性ホルモンが原因であるためです。

額から始まるM字の薄毛の進行、頭頂部の薄毛の方は男性型脱毛症の可能性が高いので、リアップはおすすめできません。

育毛剤フィンジアの有効成分について

フィンジアに配合されているキャピキシルは、現在最強の育毛成分と言われています。

イソフラボンやアミノ酸などで構成されるキャピキシルは安全性が高く、ミノキシジルの3倍の発毛効果がありながら副作用が無いという素晴らしい成分です。

壮年性脱毛症や男性型脱毛症、その他様々な薄毛に効果があるとされています。

男女共に効果があるのも大きな特徴で、いままでの育毛剤には無かった汎用性の高さも人気の理由のひとつです。

キャピキシルは毛乳頭の成長因子自体を補填するので、頭皮環境の乱れから毛乳頭の髪を生み出す力が弱まっていても問題ありません。

他にも男性型脱毛症の原因である悪性男性ホルモンを良性男性ホルモンに変容したり、還元酵素の発生を強力に阻害する効果もあります。

頭皮の血行促進としてミノキシジルと同じような効果を持つキャピキシルが配合されていますが、こちらも副作用が無いので安心して使うことが出来ます。

他にもフィンジア独自の成分としてSPEゲートが導入されており、硬くなって浸透性の悪くなった頭皮にも成分がしっかりと浸透させることが出来るようになっています。

市販ではないので気軽にドラッグストアで購入することは出来ませんが、効果を実感できなかった場合には30日間の全額返金保証があるので、初回購入時のハードルはそう高くないといえるでしょう。

比較の結果、フィンジアをおすすめします!

リアップとフィンジアを比較すると、発毛の成長因子の補填、薄毛の原因に幅広く対応できる、副作用が無い、全額返金保証があるという様々なメリットからフィンジアがおすすめです。

いままでミノキシジルの副作用に悩み発毛を諦めていた方にも、ぜひ手にとってその効果の高さと安全性を実感していただきたいです。

育毛・発毛の副作用に悩むのは前時代的なことなのだと、最新の育毛成分配合のフィンジアで体感してください。

市販で購入できる育毛剤リアップは誰にでも効果的?

市販で購入出来る育毛剤は、本当に効果があるのでしょうか?

その中でも、リアップという育毛剤は、よく耳にしますね。

ではリアップは、効果があるのか?どんな症状で使用すればいいのか?それを説明します。

リアップで効果の出る人、出ない人

市販で購入できる育毛剤の中で最も知名度が高いのは、やはりリアップではないでしょうか。

CM、新聞や雑誌での広告など、様々な媒体で目にするので、名前を知らないという方はほとんどいないかもしれません。

しかし、それだけ名前の知られている育毛剤リアップが、誰にでも効果があるのかというとそうではないのです。

結論として、効果の出る人と効果の出ない人にどうしても二分されてしまいます。

リアップに配合されている成分に、血行促進効果のあるミノキシジルがあります。

頭皮の血流が悪いがために脱け毛や髪が細くなるといった壮年性脱毛症の症状が出ている方には効果的です。

血行促進効果により、今まで栄養や酸素が充分に届いていなかった毛乳頭が元気になるので、育毛や発毛の効果が狙えます。

しかし、血行不良以外の原因での抜け毛や薄毛は、ミノキシジルでは効果的ではありません。

男性の薄毛の大半の方は男性型脱毛症といって、悪性男性ホルモンの影響による脱毛が原因なので、血行を促進した所で根本的な解決になっていないのです。

もちろん全く効果が無いわけではありませんが、残念ながら薄毛の進行を遅くする程度の効果にとどまるのでおすすめはできません。

リアップを使うメリット、デメリット

リアップのメリットとして、ドラッグストアで市販されているので育毛サロンなどで買うのと違って敷居が低いと言える事です。

ただし第一類医薬品の育毛剤にあたるので、薬剤師が不在の場合は購入できません。

全国的に薬剤師は不足しているようで、ドラッグストアによっては店頭に薬剤師の在籍時間を掲示している場合もあるようです。

第一類医薬品ということは、効果があると共に副作用が有るということです。

リアップの代表的な副作用として、血行促進成分のミノキシジルによるかゆみや炎症が上げられます。

通称ミノキ焼けと言われており、頭皮が炎症を起こしてしまいかなり強いかゆみを伴います。

最初はなんとなく沁みるかなという程度だったとしても、毎日朝晩育毛効果を期待して使い続けてしまうと炎症は更に悪化して毛穴を防ぎ、毛乳頭などの髪の毛を作る大本にまでダメージを与えて抜け毛の原因とさえなってしまうのです。

これではメリットに対してデメリットが強すぎるのではないでしょうか。
市販で知名度が高いイコール安心・安全であるとは言えないのです。

誰にでも効果的な育毛剤ってあるの?

ミノキシジルのような血行促進効果があって副作用が無い…そんな都合の良い成分は少し前までありませんでした。

しかし、今ではもうそんな夢のような成分が実際に育毛剤に配合されるという時代になっています。

ピティオキシジルという成分で、ミノキシジルに比べるとやや弱いものの副作用が無いという点で大きく勝っています。

そして、ミノキシジルでは対抗できなかった男性型脱毛症を根本的な原因から解決し、なおかつ発毛に非常に重要である成長因子を毛乳頭に補填することで発毛させるキャピキシルという画期的な成分の育毛剤もすでに販売されています。

そして、こちらも副作用は無いというのですから、もうミノキシジルを使っている場合ではありません。

このふたつの成分は薄毛や脱毛のタイプをえらばず誰にでも効果的、しかも副作用が無いのですから最強の育毛剤といって過言は無いでしょう。

フィンジアやボストンスカルプエッセンスは、ピティオキシジルとキャピキシルの両方が配合されています。

市販のものではなく通信販売の育毛剤で、CMやチラシといった広告を打たないのに売れているのはそれだけの実績があるからです。

ミノキシジル配合のリアップは、もはや時代遅れです。

最新の育毛成分で、安心・安全に育毛を楽しみましょう。

育毛剤を通販と市販で購入する場合のメリット・デメリット

薄毛で悩み始めたら、育毛剤を使ってみようかなと思う人も多いでしょう。

そこで、どこで購入しようか悩んでいる人の為に、市販と通販どちらで購入するか、メリット・デメリットを解説します。

市販で育毛剤を購入するメリット・デメリット

ドラッグストア等で市販されている育毛剤を購入するメリットとして、厚生労働省が育毛剤として成分の効果があると認められているものを買うことができます。

もちろん誰に対してでも必ず効果があるとまえでは言えなくとも、効果が出る割合の高いものが認可されています。

また、第一類医薬品の育毛剤は許可された店舗でしか購入できないため、ドラッグストアの一スタッフではなく、より信頼性の高い薬剤師からの情報提供が義務付けられています。

育毛剤の中でも第一類医薬品と定義されているものは、効果に伴って安全上の注意、つまりは適正な使用と副作用の可能性について、使用者も説明を受けなければなりません。

少し面倒では有りますが、あらかじめ副作用についての知識を知る貴重な機会と言えます。

デメリットとしては、どんなに育毛剤として素晴らしい成分であっても、厚生労働省の認可や企業とドラッグストア間の取引の関係で市場に出回るまでに時間を要するという点です。

ひとつの商品が市販品として市場に出回るまでの間、消費者はただひたすら待つことしかできません。

育毛剤を買うというデリケートな物事の性質上、自宅近所のドラッグストアは知人に会う可能性もあるので避けたいもの。

せっかく身近で市販されているものなのに、わざわざ遠くのドラッグストアまで足を運ばなければならないのでは意味がありません。

通販で育毛剤を購入するメリット・デメリット

通販で育毛剤を購入するメリットは、育毛剤を自社開発して通販している商品は最新の育毛成分を配合している場合が多くあるという事です。

厚生労働省の認可を待つのはあまりに時間がかかります。

そのため、化粧品という扱いで販売に踏み切ることでより早く最新の育毛剤を消費者の方に届けているのです。

その成分とは、育毛剤として最強と名高いキャピキシルです。

ミノキシジルでは対抗できなかった男性型脱毛症(AGA)の原因となる悪性男性ホルモンを無害化させるので、まず脱毛を食い止めることができます。

そして、毛乳頭に成長因子を送り込むことで発毛に持ち込みます。

いままでの育毛剤のように血行促進という遠回りな効果ではなく、ダイレクトに脱毛に歯止めをかけ、そして髪を生やす力自体を補填するという非常に直接的な作用を持っています。

それだけの効果の高さでありながら副作用がないというのは、ミノキシジル育毛剤では考えられなかった事です。

育毛剤の副作用に苦しんでいる方にはぜひ、キャピキシル育毛剤をおすすめします。

デメリットとしては、ドラッグストアの様には今すぐ手に入らないことです。

注文、配送の関係上、どうしても数日のお時間をいただいてしまいます。

しかし、裏を返せば買いに行く手間はありませんし、定期購入にしておけばうっかり育毛剤を切らしてしまうなんてこともありません。

育毛剤は通販のほうがおすすめ!

最新の育毛成分をいち早く実感するためには、現状では通販に勝るものはありません。

ドラッグストアに陳列されている育毛剤のように厚生労働省に認可されているという安心感は大きいです。

しかし、発毛効果の高いキャピキシルは副作用が無い成分なのですから、認可に時間がかかるくらいならどんな形であれ早く手に入れて実感したいものです。

また、もし効果を実感できなかった場合は○○日間全額返金保障という設定をしているも心強いのでおすすめです。

育毛剤は日々進化しています。

副作用を我慢すること、育毛剤を買うところを知人に見つかるのではという不安、最新成分に認可が決まるまで指をくわえて待っているというのはもう昔の話です。

通販の育毛剤で、最先端の育毛力を実感しましょう。

ドラッグストアの育毛剤は安いけど効果があるのか?

ドラッグストアで販売されている市販の育毛剤には、なぜか非常に安いものもあります。

では、市販の育毛剤は、効果があるのか?

通販で購入出来るものと何が違うのかご説明します。

ドラッグストアの育毛剤はなぜ安い?

棚の見やすい場所に置いてあり、そのまま手にとってレジに持っていける陳列になっていて、分類としては第三医薬品や、医薬部外品として取り扱われているものです。

こういったものは副作用においてあまり深刻でなく、薬剤師が直接販売しなくても良いという扱いになります。

ただし、リスクが無い分、リターンもあまり無い育毛剤がほとんどです。

ハリやコシが弱くなった、なんとなく髪の毛が細くなった気がするといった初期症状としては有効ですが、ある程度まで薄毛が進行している方や男性型脱毛症(AGA)の方が使っても満足のいく効果は得られないでしょう。

育毛というよりは、抜け毛を防ぐ・ハリやコシを取り戻すといった、初期段階の薄毛の方に向いた効果となっています。

第一医薬品であるリアップなどは、効果があるものの副作用が出る可能性があるので必ず薬剤師の説明と文書での情報提供が義務づけられています。

そのため、気軽に手に取れるような場所には置いておらず、かならず薬剤師を介さなければ購入できないようになっています。

しかし、ドラッグストアによっては薬剤師が不足しており、不在の際は購入が出来ません。

市販の育毛剤のメリット・デメリット

市販の育毛剤メリットは、買いにいけばすぐに手に入れることが出来る点です。

何種類か陳列されている育毛剤の箱に書いてある説明文を読み比べることも出来ます。

しかし、地元のドラッグストアではなかなかじっくりと育毛剤コーナーで比較検討はやりにくいものです。

そこまで他人は自分のことは気に留めてないとは分かっていても、顔見知りの人に育毛剤を吟味している姿など見られたくないものです。

第一類医薬品の育毛剤を購入の場合は、薬剤師から直接説明を受けるので説明書を読む面倒がありません。

しかし、薬剤師が不在だった場合は購入が出来ません。

第三類医薬品や医薬部外品であれば薬剤師には左右されませんが、それだけに効果はあまり強いとは言えません。

効果の期待できないものを買うくらいなら、副作用というリスクは負いますが第一類医薬品の育毛剤を購入するほうがおすすめです。

おすすめ育毛剤は、やっぱり通販

育毛剤はドラッグストアではなく、通販で買うことをおすすめします。

いま最強の育毛成分として話題となっているキャピキシルは、副作用が無いのに発毛効果が高いという薄毛の悩みを解消する救世主のような存在ですが、実は扱いは化粧品という事になっています。

医薬品や医薬部外品として販売するには、まだキャピキシルは認められていない成分だからです。

また、薬品の扱いとなると成分が有効として認定されるまでに長い時間がかかります。

そのため、あえて化粧品という比較的自由な区分で販売に踏み切っているのです。

様々な育毛剤が通販にはありますが、なかでも効果が高くておすすめなのがザスカルプ5.0c、フィンジア、ボストンスカルプエッセンスです。

いずれもより高い効果を発揮できるように、キャピキシルを始めとした様々な育毛成分が配合されていますが、現時点では化粧品の扱いになるので薬剤師とのやり取りと言った煩わしさもありません。

不安のひとつである荷物の受け取りも、ほとんどのメーカーが育毛剤とは分からないような表記で届くので、例えば身内に荷物を受け取られても育毛剤だとは分からないのでご安心ください。

市販の育毛剤で、効果が出るかはっきりとは言えないマイルドな育毛剤を選ぶか、副作用を覚悟して薬剤師から第一類医薬品の育毛剤を買うか、通販で効果のはっきり分かっていて副作用もほぼ無い育毛剤を選ぶか…比較すると、やはり断トツで通販に軍配が上がるのです。

ここがおすすめ!市販の育毛剤には無い返金保証付きの育毛剤

育毛剤は、種類が沢山あります。

市販で購入出来るものから通販で購入出来るものまで、どれを購入していいのか迷います。

迷った時は、返金保証付きの育毛剤を試してみてはどうでしょうか?

その中でも人気の商品をいくつかご紹介します。

育毛剤ザスカルプ5.0cがおすすめの理由

通販の育毛剤の中でも人気のザスカルプ5.0cですが、いくら人気があってもそうそう安いものではありませんし、他の育毛剤で一度でも副作用に苦しんだことがあればいくら副作用が無いといわれていても心配はぬぐいきれません。

ホームページで成分について熟読しても、最強の発毛成分キャピキシルが5%配合されミノキシジルの3倍も発毛効果がありながら副作用が無いなんてことは俄かに信じられない方もいることでしょう。

様々な不安がある中、市販の育毛剤には無い特徴があります。

それが「安心の60日間返金保証」です。

使用していて万が一お肌合わなかった場合、最大2本分までの返金が保証されているのです。

60日もの長い期間であれば、その中には体調の悪い日も多少含まれるでしょう。

そんな時でもしっかりと安心して使うことが出来たなら、おそらく60日以降もお肌に合わないなんていう事はほぼ無いといえます。

毛髪のサイクルという観点からでは、キャピキシルによる発毛や育毛を60日間で判断するには少々短いですが、発酵プラセンタエキスなど41種類の成分によってケアされた頭皮は確実に変化が起きています。

頭皮環境の改善により髪の毛にハリが出て、湿疹や血行不良で赤みを帯びていた頭皮は沈静化し透明感が生まれているはずです。

そもそも効果に自信が無ければ、60日間の返金保証という販売元に損になりかねない事は明示しません。

ザスカルプ5.0cが少しでも気になっているという方は、60日間自分自身の体で効果を体感することをおすすめします。

育毛剤フィンジアがおすすめの理由

独自のSPEテクノロジーを持つフィンジアですが、こちらにもキャピキシルが5%配合されています。

また、ミノキシジルとほぼ同等の血行促進効果を持ちながら副作用の無いピティオキシジルも2%配合されています。

どちらも高濃度でそれだけの効果が期待できるのでおすすめです。

育毛剤というのはどんなに良い成分を配合していたとしても、薄毛という症状の出ているコンディションの悪い頭皮では浸透しにくいもの。

それをカバーするようにSPEテクノロジーで深くまで有効成分を頭皮に浸透させるので、薄毛のタイプを問わず育毛や発毛に有効です。

効果を実感出来なかった場合には、手元に届いてから30日間の返金に対応してもらえます。

例えば25日経過してほぼ空になっていたとしても、一本分の全額が返金されるのです。

しかし、多くの方はその頃には何らかの手ごたえや実感を得ていることから、フィンジアを手放すという気は起こらないことでしょう。

育毛剤ポリピュアがおすすめの理由

グリチルリチン酸ジカリウム、ニンジン抽出液のほかに育毛・発毛成分として有名なセンブリエキスが配合されています。

また、独自成分として配合されているバイオポリリン酸には毛乳頭に発毛指令を送る効果があるとされており、従来品と比べ30%も増量されています。

更にバイオポリリン酸と相性の良い低分子コラーゲンやヒオウギ抽出液も配合されており、発毛・育毛への期待値はとても高いといえます。

ポリピュアにも45日間の全額返金保証がついており、期間内に満足を得られなかった場合は使用中の残量に関わりなく全額が返金されます。

誰しもがなかなか踏み出せない最初の一歩の背中を押してくれる事でしょう。

市販の育毛剤と違い、あまりテレビCMなどで目にすることは無い育毛剤ですが、宣伝に過剰な費用をかけない分、こうした返金保証で自信の品質を体現しています。

30~60日もの期間の返金保証をするなんて、並大抵の商品では出来ないことです。

手に取ることを迷っている方には、返金保証もあることですしまず手に取っていただくことをおすすめします。