ドラッグストアの育毛剤は安いけど効果があるのか?

ドラッグストアで販売されている市販の育毛剤には、なぜか非常に安いものもあります。

では、市販の育毛剤は、効果があるのか?

通販で購入出来るものと何が違うのかご説明します。

ドラッグストアの育毛剤はなぜ安い?

棚の見やすい場所に置いてあり、そのまま手にとってレジに持っていける陳列になっていて、分類としては第三医薬品や、医薬部外品として取り扱われているものです。

こういったものは副作用においてあまり深刻でなく、薬剤師が直接販売しなくても良いという扱いになります。

ただし、リスクが無い分、リターンもあまり無い育毛剤がほとんどです。

ハリやコシが弱くなった、なんとなく髪の毛が細くなった気がするといった初期症状としては有効ですが、ある程度まで薄毛が進行している方や男性型脱毛症(AGA)の方が使っても満足のいく効果は得られないでしょう。

育毛というよりは、抜け毛を防ぐ・ハリやコシを取り戻すといった、初期段階の薄毛の方に向いた効果となっています。

第一医薬品であるリアップなどは、効果があるものの副作用が出る可能性があるので必ず薬剤師の説明と文書での情報提供が義務づけられています。

そのため、気軽に手に取れるような場所には置いておらず、かならず薬剤師を介さなければ購入できないようになっています。

しかし、ドラッグストアによっては薬剤師が不足しており、不在の際は購入が出来ません。

市販の育毛剤のメリット・デメリット

市販の育毛剤メリットは、買いにいけばすぐに手に入れることが出来る点です。

何種類か陳列されている育毛剤の箱に書いてある説明文を読み比べることも出来ます。

しかし、地元のドラッグストアではなかなかじっくりと育毛剤コーナーで比較検討はやりにくいものです。

そこまで他人は自分のことは気に留めてないとは分かっていても、顔見知りの人に育毛剤を吟味している姿など見られたくないものです。

第一類医薬品の育毛剤を購入の場合は、薬剤師から直接説明を受けるので説明書を読む面倒がありません。

しかし、薬剤師が不在だった場合は購入が出来ません。

第三類医薬品や医薬部外品であれば薬剤師には左右されませんが、それだけに効果はあまり強いとは言えません。

効果の期待できないものを買うくらいなら、副作用というリスクは負いますが第一類医薬品の育毛剤を購入するほうがおすすめです。

おすすめ育毛剤は、やっぱり通販

育毛剤はドラッグストアではなく、通販で買うことをおすすめします。

いま最強の育毛成分として話題となっているキャピキシルは、副作用が無いのに発毛効果が高いという薄毛の悩みを解消する救世主のような存在ですが、実は扱いは化粧品という事になっています。

医薬品や医薬部外品として販売するには、まだキャピキシルは認められていない成分だからです。

また、薬品の扱いとなると成分が有効として認定されるまでに長い時間がかかります。

そのため、あえて化粧品という比較的自由な区分で販売に踏み切っているのです。

様々な育毛剤が通販にはありますが、なかでも効果が高くておすすめなのがザスカルプ5.0c、フィンジア、ボストンスカルプエッセンスです。

いずれもより高い効果を発揮できるように、キャピキシルを始めとした様々な育毛成分が配合されていますが、現時点では化粧品の扱いになるので薬剤師とのやり取りと言った煩わしさもありません。

不安のひとつである荷物の受け取りも、ほとんどのメーカーが育毛剤とは分からないような表記で届くので、例えば身内に荷物を受け取られても育毛剤だとは分からないのでご安心ください。

市販の育毛剤で、効果が出るかはっきりとは言えないマイルドな育毛剤を選ぶか、副作用を覚悟して薬剤師から第一類医薬品の育毛剤を買うか、通販で効果のはっきり分かっていて副作用もほぼ無い育毛剤を選ぶか…比較すると、やはり断トツで通販に軍配が上がるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です