市販で購入できる育毛剤リアップは誰にでも効果的?

市販で購入出来る育毛剤は、本当に効果があるのでしょうか?

その中でも、リアップという育毛剤は、よく耳にしますね。

ではリアップは、効果があるのか?どんな症状で使用すればいいのか?それを説明します。

リアップで効果の出る人、出ない人

市販で購入できる育毛剤の中で最も知名度が高いのは、やはりリアップではないでしょうか。

CM、新聞や雑誌での広告など、様々な媒体で目にするので、名前を知らないという方はほとんどいないかもしれません。

しかし、それだけ名前の知られている育毛剤リアップが、誰にでも効果があるのかというとそうではないのです。

結論として、効果の出る人と効果の出ない人にどうしても二分されてしまいます。

リアップに配合されている成分に、血行促進効果のあるミノキシジルがあります。

頭皮の血流が悪いがために脱け毛や髪が細くなるといった壮年性脱毛症の症状が出ている方には効果的です。

血行促進効果により、今まで栄養や酸素が充分に届いていなかった毛乳頭が元気になるので、育毛や発毛の効果が狙えます。

しかし、血行不良以外の原因での抜け毛や薄毛は、ミノキシジルでは効果的ではありません。

男性の薄毛の大半の方は男性型脱毛症といって、悪性男性ホルモンの影響による脱毛が原因なので、血行を促進した所で根本的な解決になっていないのです。

もちろん全く効果が無いわけではありませんが、残念ながら薄毛の進行を遅くする程度の効果にとどまるのでおすすめはできません。

リアップを使うメリット、デメリット

リアップのメリットとして、ドラッグストアで市販されているので育毛サロンなどで買うのと違って敷居が低いと言える事です。

ただし第一類医薬品の育毛剤にあたるので、薬剤師が不在の場合は購入できません。

全国的に薬剤師は不足しているようで、ドラッグストアによっては店頭に薬剤師の在籍時間を掲示している場合もあるようです。

第一類医薬品ということは、効果があると共に副作用が有るということです。

リアップの代表的な副作用として、血行促進成分のミノキシジルによるかゆみや炎症が上げられます。

通称ミノキ焼けと言われており、頭皮が炎症を起こしてしまいかなり強いかゆみを伴います。

最初はなんとなく沁みるかなという程度だったとしても、毎日朝晩育毛効果を期待して使い続けてしまうと炎症は更に悪化して毛穴を防ぎ、毛乳頭などの髪の毛を作る大本にまでダメージを与えて抜け毛の原因とさえなってしまうのです。

これではメリットに対してデメリットが強すぎるのではないでしょうか。
市販で知名度が高いイコール安心・安全であるとは言えないのです。

誰にでも効果的な育毛剤ってあるの?

ミノキシジルのような血行促進効果があって副作用が無い…そんな都合の良い成分は少し前までありませんでした。

しかし、今ではもうそんな夢のような成分が実際に育毛剤に配合されるという時代になっています。

ピティオキシジルという成分で、ミノキシジルに比べるとやや弱いものの副作用が無いという点で大きく勝っています。

そして、ミノキシジルでは対抗できなかった男性型脱毛症を根本的な原因から解決し、なおかつ発毛に非常に重要である成長因子を毛乳頭に補填することで発毛させるキャピキシルという画期的な成分の育毛剤もすでに販売されています。

そして、こちらも副作用は無いというのですから、もうミノキシジルを使っている場合ではありません。

このふたつの成分は薄毛や脱毛のタイプをえらばず誰にでも効果的、しかも副作用が無いのですから最強の育毛剤といって過言は無いでしょう。

フィンジアやボストンスカルプエッセンスは、ピティオキシジルとキャピキシルの両方が配合されています。

市販のものではなく通信販売の育毛剤で、CMやチラシといった広告を打たないのに売れているのはそれだけの実績があるからです。

ミノキシジル配合のリアップは、もはや時代遅れです。

最新の育毛成分で、安心・安全に育毛を楽しみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です