育毛剤を通販と市販で購入する場合のメリット・デメリット

薄毛で悩み始めたら、育毛剤を使ってみようかなと思う人も多いでしょう。

そこで、どこで購入しようか悩んでいる人の為に、市販と通販どちらで購入するか、メリット・デメリットを解説します。

市販で育毛剤を購入するメリット・デメリット

ドラッグストア等で市販されている育毛剤を購入するメリットとして、厚生労働省が育毛剤として成分の効果があると認められているものを買うことができます。

もちろん誰に対してでも必ず効果があるとまえでは言えなくとも、効果が出る割合の高いものが認可されています。

また、第一類医薬品の育毛剤は許可された店舗でしか購入できないため、ドラッグストアの一スタッフではなく、より信頼性の高い薬剤師からの情報提供が義務付けられています。

育毛剤の中でも第一類医薬品と定義されているものは、効果に伴って安全上の注意、つまりは適正な使用と副作用の可能性について、使用者も説明を受けなければなりません。

少し面倒では有りますが、あらかじめ副作用についての知識を知る貴重な機会と言えます。

デメリットとしては、どんなに育毛剤として素晴らしい成分であっても、厚生労働省の認可や企業とドラッグストア間の取引の関係で市場に出回るまでに時間を要するという点です。

ひとつの商品が市販品として市場に出回るまでの間、消費者はただひたすら待つことしかできません。

育毛剤を買うというデリケートな物事の性質上、自宅近所のドラッグストアは知人に会う可能性もあるので避けたいもの。

せっかく身近で市販されているものなのに、わざわざ遠くのドラッグストアまで足を運ばなければならないのでは意味がありません。

通販で育毛剤を購入するメリット・デメリット

通販で育毛剤を購入するメリットは、育毛剤を自社開発して通販している商品は最新の育毛成分を配合している場合が多くあるという事です。

厚生労働省の認可を待つのはあまりに時間がかかります。

そのため、化粧品という扱いで販売に踏み切ることでより早く最新の育毛剤を消費者の方に届けているのです。

その成分とは、育毛剤として最強と名高いキャピキシルです。

ミノキシジルでは対抗できなかった男性型脱毛症(AGA)の原因となる悪性男性ホルモンを無害化させるので、まず脱毛を食い止めることができます。

そして、毛乳頭に成長因子を送り込むことで発毛に持ち込みます。

いままでの育毛剤のように血行促進という遠回りな効果ではなく、ダイレクトに脱毛に歯止めをかけ、そして髪を生やす力自体を補填するという非常に直接的な作用を持っています。

それだけの効果の高さでありながら副作用がないというのは、ミノキシジル育毛剤では考えられなかった事です。

育毛剤の副作用に苦しんでいる方にはぜひ、キャピキシル育毛剤をおすすめします。

デメリットとしては、ドラッグストアの様には今すぐ手に入らないことです。

注文、配送の関係上、どうしても数日のお時間をいただいてしまいます。

しかし、裏を返せば買いに行く手間はありませんし、定期購入にしておけばうっかり育毛剤を切らしてしまうなんてこともありません。

育毛剤は通販のほうがおすすめ!

最新の育毛成分をいち早く実感するためには、現状では通販に勝るものはありません。

ドラッグストアに陳列されている育毛剤のように厚生労働省に認可されているという安心感は大きいです。

しかし、発毛効果の高いキャピキシルは副作用が無い成分なのですから、認可に時間がかかるくらいならどんな形であれ早く手に入れて実感したいものです。

また、もし効果を実感できなかった場合は○○日間全額返金保障という設定をしているも心強いのでおすすめです。

育毛剤は日々進化しています。

副作用を我慢すること、育毛剤を買うところを知人に見つかるのではという不安、最新成分に認可が決まるまで指をくわえて待っているというのはもう昔の話です。

通販の育毛剤で、最先端の育毛力を実感しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です