カテゴリー別アーカイブ: 育毛剤の効果について

AGAの男性に市販の育毛剤はおすすめか?

男性特有の薄毛である男性型脱毛症という病気もずいぶん知られるようになりました。

男性の薄毛に、市販の育毛剤はどこまで効果があるのでしょうか?

根治が難しいイメージのAGAとは

テレビCMやメディアの情報を通してAGAという言葉を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

いったんAGAに掛かってしまうと直すのはとても大変なイメージがあります。

世代に関係なく周囲で薄毛になってしまった人の多くがどんどん生え際の後退や頭頂部の薄毛が進行していくからかもしれません。

40代や50手前であっても見事にハゲてしまった人の印象が強いせいか、一度薄毛の症状が始まると取り返しが付かないという思い込みがあるようです。

ただAGAは初期症状のうちなら十分に改善が見込める病気とされています。

ちょっとボリュームが減ってきたり、つむじの寂しさを感じてきたりといった段階では毎日の育毛ケア次第で髪の毛を元のように取り戻せる例が多いからです。

男性ホルモンの影響過多によって抜け毛が促進されるAGAでは育毛剤によるデイリーケアは必須だといえます。

市販の育毛剤は『薬』ではない

一般に販売されている育毛剤は確実に髪の毛を発毛させる効果があるものではなく、あくまで『髪を育てる』可能性が高いといったレベルに留まっています。

もし毛根をダイレクトに活性化させて発毛効果が実証されている成分が含まれているのであれば、それは育毛剤ではなく医薬品としての発毛剤のジャンルです。

市販の育毛剤の大半はAGAの治療ではなく予防や改善が見込めるといった程度の効果に留まります。

これは育毛剤が使う価値が低いという話ではなくて、医薬品と医薬部外品という薬事法でのカテゴライズに影響されていることでもあります。

原因が複雑なAGAでも市販の育毛剤を使う余地あり

育毛剤を確実な発毛効果のある薬品と捉えるのではなく、あくまで予防や改善をサポートするためのアイテムとして考えれば育毛剤の使用価値は十分にあります。

薄毛にならないように予防したり、薄毛になってしまった部位を元のように少しでも近づけようという目的なら市販の育毛剤はコスト面でもケアのしやすさの点からもおすすめです。

AGAの場合、発症の原因が複雑で様々な要素が絡まりあっており一筋縄でいかないのは事実です。

ドラッグストアや通販で購入できる育毛剤の大半は、まず髪の毛の生えるベースである頭皮の状態を健康に導こうという意図で配合成分が決められています。

男性ホルモンに関連した5αリダクターゼの問題をはじめ日頃の生活習慣や食生活、そして遺伝といった厄介な問題を含めて、育毛剤を使う時には地道なケアが求められます。

特効薬的に配合されている有効成分はたいていの場合効果だったり、薬事法としては医薬品のジャンルに当たることが多いからです。

もちろん発毛治療を通して医薬品の処方を受けている人でも頭皮の環境を整えることは健康的な髪の毛を取り戻すために欠かせないポイントです。

発毛剤だけではどうしてもカバーできない部分を市販の育毛剤でおだやかな改善を期待するのは方向性として正しいといえます。

AGAの改善を考えるとき、医薬品と医薬部外品のどちらも併用してアプローチするほうが相乗効果を狙うことができます。

毎日のケアは大変になるかもしれませんが、少しでも早く薄毛の改善や予防に取り組みには必要な対策です。

AGAといえば専門医による治療薬の処方という方法は大切なことです。

ただ市販の育毛剤も頭皮環境を正常化するという育毛のベースに関わる課題を埋めてくれるのに大きな効果を発揮してくれるヘアアイテムだといえます。

安い市販の育毛剤の成分は効果があるのか?

製造メーカーによって育毛剤に配合される成分はさまざまです。

安い市販の育毛剤で使われている育毛成分にはどのようなものがあるでしょうか。

市販の育毛剤は千差万別

育毛剤の値段によって効果の高い成分が使われているかが左右されがちです。

高価な育毛剤は手を出しづらい分、育毛業界でも効果が高いと実証されている有効成分を中心に配合が考えられています。

ただ、安い市販の育毛剤にはまったく効果が期待できないのかというとそういうわけではありません。

薄毛が期になり始めた初心者なら、いきなり高価な育毛剤を購入するというのは気持ちの上で勇気がいるものです。

経済的な負担が大きいため、高いお金を出しても本当に効果があるか心配になるのは無理もありません。

ただ、安い市販の育毛剤は薄毛ケアのファーストチョイスとしては気軽にトライできるので育毛習慣を身につける意味でもおすすめといえます。

定番成分は効果もそれなり!?

基本的にヘアケアだけでなくスキンケアの世界でも古くからおなじみで広く使われているものが中心となっています。

「頭皮の環境を整える」というのがあらゆる育毛剤の大きなテーマです。

それは育毛剤の値段に関わらずベースに流れています。

定番の成分は肌に使われてきた歴史も長く、効果や副作用といった研究や確認がしっかりと判明しているものばかりです。

アレルギーや肌トラブルといったリスクが少ない成分が多いため、お肌に自信がないという人でも安心して使いやすいのが特徴です。

すべての育毛剤に配合されているといっても過言ではない成分に甘草エキスがあります。

主成分であるグリチルリチン酸として配合されている場合もあります。

甘草エキスは漢方薬では必ずといっていいほど使われるぐらい定番の生薬で、育毛剤では消炎作用が期待されて使用されます。

殺菌作用も高く頭皮の汚れやフケ、かゆみを予防して頭皮の健康を守ります。

甘草エキスは昔から使用されてきた成分で、頭皮の環境を改善する目的で多用されています。

高い安全性が確認されているので副作用の心配もまずありません。

安い育毛剤の定番成分ひとつピックアップしても頭皮の健康回復に役立つため、劇的な効果は難しいとしてもゆるやかな育毛につなげる土台作りに有効といえます。

話題の注目成分は効果も期待できる

安い育毛成分にはこうしたゆるやかな有効成分を中心に配合されています。

ダイレクトに頭皮や毛根の細胞にアプローチをするという点ではそれなりの値段のする育毛剤のほうが効果が高いといわれる注目成分をメインに配合されています。

発毛治療薬として知られるミノキシジルやフィナステリドと同様の効果が確認されているM-034エキスをはじめキャピキシルやバイオポリリン酸など、安い市販育毛剤では使われていない話題の成分が配合されているのがポイントです。

高価な育毛剤でメインに配合されている成分は、育毛剤メーカーが長年の研究と開発費を掛けて作り上げたものが揃っています。

発毛医療の立場からの監修も踏まえて成分が配合されている点は安い市販の育毛剤成分にはないシャープな効果が期待できるのは確かです。

安い育毛剤の基本的な目的はダメージのある頭皮をやさしくマイルドに健康状態へとリードするというものです。

値段の差の違いはあっても育毛ケアのベースになるのは間違いありませんが、本当に実感できるまでどれぐらいの時間が掛かるのだろうかという不安はついてまわると考えてよいでしょう。

市販の育毛剤であっても値段はそれなりに効果に反映されていると思ってください。

市販で購入できる育毛剤リアップは誰にでも効果的?

市販で購入出来る育毛剤は、本当に効果があるのでしょうか?

その中でも、リアップという育毛剤は、よく耳にしますね。

ではリアップは、効果があるのか?どんな症状で使用すればいいのか?それを説明します。

リアップで効果の出る人、出ない人

市販で購入できる育毛剤の中で最も知名度が高いのは、やはりリアップではないでしょうか。

CM、新聞や雑誌での広告など、様々な媒体で目にするので、名前を知らないという方はほとんどいないかもしれません。

しかし、それだけ名前の知られている育毛剤リアップが、誰にでも効果があるのかというとそうではないのです。

結論として、効果の出る人と効果の出ない人にどうしても二分されてしまいます。

リアップに配合されている成分に、血行促進効果のあるミノキシジルがあります。

頭皮の血流が悪いがために脱け毛や髪が細くなるといった壮年性脱毛症の症状が出ている方には効果的です。

血行促進効果により、今まで栄養や酸素が充分に届いていなかった毛乳頭が元気になるので、育毛や発毛の効果が狙えます。

しかし、血行不良以外の原因での抜け毛や薄毛は、ミノキシジルでは効果的ではありません。

男性の薄毛の大半の方は男性型脱毛症といって、悪性男性ホルモンの影響による脱毛が原因なので、血行を促進した所で根本的な解決になっていないのです。

もちろん全く効果が無いわけではありませんが、残念ながら薄毛の進行を遅くする程度の効果にとどまるのでおすすめはできません。

リアップを使うメリット、デメリット

リアップのメリットとして、ドラッグストアで市販されているので育毛サロンなどで買うのと違って敷居が低いと言える事です。

ただし第一類医薬品の育毛剤にあたるので、薬剤師が不在の場合は購入できません。

全国的に薬剤師は不足しているようで、ドラッグストアによっては店頭に薬剤師の在籍時間を掲示している場合もあるようです。

第一類医薬品ということは、効果があると共に副作用が有るということです。

リアップの代表的な副作用として、血行促進成分のミノキシジルによるかゆみや炎症が上げられます。

通称ミノキ焼けと言われており、頭皮が炎症を起こしてしまいかなり強いかゆみを伴います。

最初はなんとなく沁みるかなという程度だったとしても、毎日朝晩育毛効果を期待して使い続けてしまうと炎症は更に悪化して毛穴を防ぎ、毛乳頭などの髪の毛を作る大本にまでダメージを与えて抜け毛の原因とさえなってしまうのです。

これではメリットに対してデメリットが強すぎるのではないでしょうか。
市販で知名度が高いイコール安心・安全であるとは言えないのです。

誰にでも効果的な育毛剤ってあるの?

ミノキシジルのような血行促進効果があって副作用が無い…そんな都合の良い成分は少し前までありませんでした。

しかし、今ではもうそんな夢のような成分が実際に育毛剤に配合されるという時代になっています。

ピティオキシジルという成分で、ミノキシジルに比べるとやや弱いものの副作用が無いという点で大きく勝っています。

そして、ミノキシジルでは対抗できなかった男性型脱毛症を根本的な原因から解決し、なおかつ発毛に非常に重要である成長因子を毛乳頭に補填することで発毛させるキャピキシルという画期的な成分の育毛剤もすでに販売されています。

そして、こちらも副作用は無いというのですから、もうミノキシジルを使っている場合ではありません。

このふたつの成分は薄毛や脱毛のタイプをえらばず誰にでも効果的、しかも副作用が無いのですから最強の育毛剤といって過言は無いでしょう。

フィンジアやボストンスカルプエッセンスは、ピティオキシジルとキャピキシルの両方が配合されています。

市販のものではなく通信販売の育毛剤で、CMやチラシといった広告を打たないのに売れているのはそれだけの実績があるからです。

ミノキシジル配合のリアップは、もはや時代遅れです。

最新の育毛成分で、安心・安全に育毛を楽しみましょう。

市販の育毛剤でも効果を上げるためのポイント!

生え際の育毛対策にとりましては、育毛剤を介しての外から髪へのアプローチは当然の事、栄養が入っている食事内容とか栄養剤等による、内部からのアプローチも大切です。

若はげにつきましては、頭頂部からはげる方も目につきますが、過半数は生え際から薄くなり出していくタイプだということです。

年齢がいくほど抜け毛が増してくるのも、加齢現象であって、回避不能です。

プラス、時期によって抜け毛が目立ってしまうことがあって、24時間の内に200本位抜け落ちることもあり得ます。

個々人の髪に悪い影響を及ぼすシャンプーで洗ったり、すすぎを完璧にやらなかったり、頭皮は損傷する洗い方をしちゃうのは、抜け毛になる原因だと言えます。

薄毛対策におきましては、抜け始めのころの手当てが何と言っても効果があります。

抜け毛が増えてきた、生え際が後退してきたと思うようになったのなら、可能な限り早期に手当てを開始すべきでしょう。

薄毛だという方は、タバコはNGです。

喫煙し続けることで、血管が狭小状態になってしまい血流が悪くなります。

それだけではなく、ビタミンCの薬効をなくしてしまい、栄養が摂取できなくなります。

薄毛あるいは抜け毛で気が重くなっている人、近い将来の自分自身の頭髪に自信がないという方のアシストをし、日頃の生活の向上を目指して対策をうつこと が「AGA治療」になるわけです。

危険なダイエットを敢行して、一時に体重減すると、体の具合が悪くなるだけじゃなく、抜け毛も増えるリスクがあるのです。

無理矢理のダイエットは、髪にも健康にも悪いのです。

血の巡りが円滑でないと、髪の毛を作り出す「毛母細胞」に対しまして、必要な「栄養」あるいは「酸素」が届かなくなり、細胞の新陳代謝が鈍くなり、毛髪のターンオーバーもひどくなり、薄毛になるとのことです。

育毛剤は、毎年増え続けています。

このところ、女性向けの育毛剤も注目されていますが、男の方のために売り出された育毛剤との違いはないようです。

女性の方専用のものは、アルコールの少ないものが主流と言われています。

何となく重要視されないのが、睡眠と運動ではないでしょうか。

髪の毛そのものに育毛対策をするのは当たり前として、体内からも育毛対策をして、効果を上げることが重要です。

兄弟が薄毛になっているからと、何もしないもはもったいない話です。

今日では、毛が抜ける傾向にある体質を前提にした適正な手入れと対策を行なうことにより、薄毛はあなたが思っている以上に抑止できるようになりました。

重要なことは、個々に最適な成分を知って、できるだけ早く治療に取り掛かることに違いありません。

変な噂に流されないようにして、効き目がありそうな育毛剤は、現実に利用してみることが大事だと思います。

国内においては、薄毛あるいは抜け毛に見舞われる男の人は、2割程度だということです。とのことなので、男の人が全員AGAになるなんてことは皆無です。