カテゴリー別アーカイブ: 育毛剤の成分比較

育毛剤の比較 | おすすめのリアップとフィンジア

育毛剤を使おうかなと思っても、種類が多すぎてどれにしようか迷います。

そこで、人気の育毛剤リアップとフィンジアの成分を比較してみましたので参考にして下さい。

育毛剤リアップの有効成分について

リアップは壮年性の脱毛症に向けて開発された育毛剤で、テレビCMや雑誌広告などで良く目にする事から、知名度としては市販の育毛剤の中で最も高いのではないでしょうか。

主な成分として、育毛剤の代名詞ともいえるミノキシジルが配合されおり、市販品の育毛剤として第一類医薬品に分類されています。

ミノキシジルは血行を促進させる効果があり、壮年性の脱毛の原因のひとつである頭皮の血行不良を改善させます。

血行の改善により、髪の毛の元となる毛乳頭に酸素や栄養が行き渡ることで発毛を促すとされています。

リアップには種類があり、ミノキシジル濃度が1%で男性用と女性用がそれぞれ一種類、5%で男性用が一種類販売されています。

ミノキシジル濃度が5%のものに関しては、女性は顔の多毛症の恐れがあるため使用禁止となっています。

副作用については、よくある症例として頭皮の炎症によるかゆみが上げられます。

副作用の出る割合はミノキシジル1%配合では5%の方に、5%配合では9%の方に見られ、軽度でもそのまま継続して使用していると悪化の可能性が強まるので直ちに使用を中止することが大切です。

また、元々ミノキシジルは高血圧の薬として開発されており、副作用として多毛症の症状が複数の患者に見つかったことから育毛剤として使われるようになった経緯があります。

そのため、外用であれば可能性はそう高くないものの、低血圧を引き起こす可能性があります。

あくまで壮年性の脱毛症を対象としているので、薄毛の大半の占める男性型脱毛症(AGA)にはあまり効果は無いとされています。

壮年型脱毛症が血行不良が原因であるのに対し、男性型脱毛症は悪性男性ホルモンが原因であるためです。

額から始まるM字の薄毛の進行、頭頂部の薄毛の方は男性型脱毛症の可能性が高いので、リアップはおすすめできません。

育毛剤フィンジアの有効成分について

フィンジアに配合されているキャピキシルは、現在最強の育毛成分と言われています。

イソフラボンやアミノ酸などで構成されるキャピキシルは安全性が高く、ミノキシジルの3倍の発毛効果がありながら副作用が無いという素晴らしい成分です。

壮年性脱毛症や男性型脱毛症、その他様々な薄毛に効果があるとされています。

男女共に効果があるのも大きな特徴で、いままでの育毛剤には無かった汎用性の高さも人気の理由のひとつです。

キャピキシルは毛乳頭の成長因子自体を補填するので、頭皮環境の乱れから毛乳頭の髪を生み出す力が弱まっていても問題ありません。

他にも男性型脱毛症の原因である悪性男性ホルモンを良性男性ホルモンに変容したり、還元酵素の発生を強力に阻害する効果もあります。

頭皮の血行促進としてミノキシジルと同じような効果を持つキャピキシルが配合されていますが、こちらも副作用が無いので安心して使うことが出来ます。

他にもフィンジア独自の成分としてSPEゲートが導入されており、硬くなって浸透性の悪くなった頭皮にも成分がしっかりと浸透させることが出来るようになっています。

市販ではないので気軽にドラッグストアで購入することは出来ませんが、効果を実感できなかった場合には30日間の全額返金保証があるので、初回購入時のハードルはそう高くないといえるでしょう。

比較の結果、フィンジアをおすすめします!

リアップとフィンジアを比較すると、発毛の成長因子の補填、薄毛の原因に幅広く対応できる、副作用が無い、全額返金保証があるという様々なメリットからフィンジアがおすすめです。

いままでミノキシジルの副作用に悩み発毛を諦めていた方にも、ぜひ手にとってその効果の高さと安全性を実感していただきたいです。

育毛・発毛の副作用に悩むのは前時代的なことなのだと、最新の育毛成分配合のフィンジアで体感してください。