タグ別アーカイブ: リアップ

育毛剤の比較 | おすすめのリアップとフィンジア

育毛剤を使おうかなと思っても、種類が多すぎてどれにしようか迷います。

そこで、人気の育毛剤リアップとフィンジアの成分を比較してみましたので参考にして下さい。

育毛剤リアップの有効成分について

リアップは壮年性の脱毛症に向けて開発された育毛剤で、テレビCMや雑誌広告などで良く目にする事から、知名度としては市販の育毛剤の中で最も高いのではないでしょうか。

主な成分として、育毛剤の代名詞ともいえるミノキシジルが配合されおり、市販品の育毛剤として第一類医薬品に分類されています。

ミノキシジルは血行を促進させる効果があり、壮年性の脱毛の原因のひとつである頭皮の血行不良を改善させます。

血行の改善により、髪の毛の元となる毛乳頭に酸素や栄養が行き渡ることで発毛を促すとされています。

リアップには種類があり、ミノキシジル濃度が1%で男性用と女性用がそれぞれ一種類、5%で男性用が一種類販売されています。

ミノキシジル濃度が5%のものに関しては、女性は顔の多毛症の恐れがあるため使用禁止となっています。

副作用については、よくある症例として頭皮の炎症によるかゆみが上げられます。

副作用の出る割合はミノキシジル1%配合では5%の方に、5%配合では9%の方に見られ、軽度でもそのまま継続して使用していると悪化の可能性が強まるので直ちに使用を中止することが大切です。

また、元々ミノキシジルは高血圧の薬として開発されており、副作用として多毛症の症状が複数の患者に見つかったことから育毛剤として使われるようになった経緯があります。

そのため、外用であれば可能性はそう高くないものの、低血圧を引き起こす可能性があります。

あくまで壮年性の脱毛症を対象としているので、薄毛の大半の占める男性型脱毛症(AGA)にはあまり効果は無いとされています。

壮年型脱毛症が血行不良が原因であるのに対し、男性型脱毛症は悪性男性ホルモンが原因であるためです。

額から始まるM字の薄毛の進行、頭頂部の薄毛の方は男性型脱毛症の可能性が高いので、リアップはおすすめできません。

育毛剤フィンジアの有効成分について

フィンジアに配合されているキャピキシルは、現在最強の育毛成分と言われています。

イソフラボンやアミノ酸などで構成されるキャピキシルは安全性が高く、ミノキシジルの3倍の発毛効果がありながら副作用が無いという素晴らしい成分です。

壮年性脱毛症や男性型脱毛症、その他様々な薄毛に効果があるとされています。

男女共に効果があるのも大きな特徴で、いままでの育毛剤には無かった汎用性の高さも人気の理由のひとつです。

キャピキシルは毛乳頭の成長因子自体を補填するので、頭皮環境の乱れから毛乳頭の髪を生み出す力が弱まっていても問題ありません。

他にも男性型脱毛症の原因である悪性男性ホルモンを良性男性ホルモンに変容したり、還元酵素の発生を強力に阻害する効果もあります。

頭皮の血行促進としてミノキシジルと同じような効果を持つキャピキシルが配合されていますが、こちらも副作用が無いので安心して使うことが出来ます。

他にもフィンジア独自の成分としてSPEゲートが導入されており、硬くなって浸透性の悪くなった頭皮にも成分がしっかりと浸透させることが出来るようになっています。

市販ではないので気軽にドラッグストアで購入することは出来ませんが、効果を実感できなかった場合には30日間の全額返金保証があるので、初回購入時のハードルはそう高くないといえるでしょう。

比較の結果、フィンジアをおすすめします!

リアップとフィンジアを比較すると、発毛の成長因子の補填、薄毛の原因に幅広く対応できる、副作用が無い、全額返金保証があるという様々なメリットからフィンジアがおすすめです。

いままでミノキシジルの副作用に悩み発毛を諦めていた方にも、ぜひ手にとってその効果の高さと安全性を実感していただきたいです。

育毛・発毛の副作用に悩むのは前時代的なことなのだと、最新の育毛成分配合のフィンジアで体感してください。

市販で購入できる育毛剤リアップは誰にでも効果的?

市販で購入出来る育毛剤は、本当に効果があるのでしょうか?

その中でも、リアップという育毛剤は、よく耳にしますね。

ではリアップは、効果があるのか?どんな症状で使用すればいいのか?それを説明します。

リアップで効果の出る人、出ない人

市販で購入できる育毛剤の中で最も知名度が高いのは、やはりリアップではないでしょうか。

CM、新聞や雑誌での広告など、様々な媒体で目にするので、名前を知らないという方はほとんどいないかもしれません。

しかし、それだけ名前の知られている育毛剤リアップが、誰にでも効果があるのかというとそうではないのです。

結論として、効果の出る人と効果の出ない人にどうしても二分されてしまいます。

リアップに配合されている成分に、血行促進効果のあるミノキシジルがあります。

頭皮の血流が悪いがために脱け毛や髪が細くなるといった壮年性脱毛症の症状が出ている方には効果的です。

血行促進効果により、今まで栄養や酸素が充分に届いていなかった毛乳頭が元気になるので、育毛や発毛の効果が狙えます。

しかし、血行不良以外の原因での抜け毛や薄毛は、ミノキシジルでは効果的ではありません。

男性の薄毛の大半の方は男性型脱毛症といって、悪性男性ホルモンの影響による脱毛が原因なので、血行を促進した所で根本的な解決になっていないのです。

もちろん全く効果が無いわけではありませんが、残念ながら薄毛の進行を遅くする程度の効果にとどまるのでおすすめはできません。

リアップを使うメリット、デメリット

リアップのメリットとして、ドラッグストアで市販されているので育毛サロンなどで買うのと違って敷居が低いと言える事です。

ただし第一類医薬品の育毛剤にあたるので、薬剤師が不在の場合は購入できません。

全国的に薬剤師は不足しているようで、ドラッグストアによっては店頭に薬剤師の在籍時間を掲示している場合もあるようです。

第一類医薬品ということは、効果があると共に副作用が有るということです。

リアップの代表的な副作用として、血行促進成分のミノキシジルによるかゆみや炎症が上げられます。

通称ミノキ焼けと言われており、頭皮が炎症を起こしてしまいかなり強いかゆみを伴います。

最初はなんとなく沁みるかなという程度だったとしても、毎日朝晩育毛効果を期待して使い続けてしまうと炎症は更に悪化して毛穴を防ぎ、毛乳頭などの髪の毛を作る大本にまでダメージを与えて抜け毛の原因とさえなってしまうのです。

これではメリットに対してデメリットが強すぎるのではないでしょうか。
市販で知名度が高いイコール安心・安全であるとは言えないのです。

誰にでも効果的な育毛剤ってあるの?

ミノキシジルのような血行促進効果があって副作用が無い…そんな都合の良い成分は少し前までありませんでした。

しかし、今ではもうそんな夢のような成分が実際に育毛剤に配合されるという時代になっています。

ピティオキシジルという成分で、ミノキシジルに比べるとやや弱いものの副作用が無いという点で大きく勝っています。

そして、ミノキシジルでは対抗できなかった男性型脱毛症を根本的な原因から解決し、なおかつ発毛に非常に重要である成長因子を毛乳頭に補填することで発毛させるキャピキシルという画期的な成分の育毛剤もすでに販売されています。

そして、こちらも副作用は無いというのですから、もうミノキシジルを使っている場合ではありません。

このふたつの成分は薄毛や脱毛のタイプをえらばず誰にでも効果的、しかも副作用が無いのですから最強の育毛剤といって過言は無いでしょう。

フィンジアやボストンスカルプエッセンスは、ピティオキシジルとキャピキシルの両方が配合されています。

市販のものではなく通信販売の育毛剤で、CMやチラシといった広告を打たないのに売れているのはそれだけの実績があるからです。

ミノキシジル配合のリアップは、もはや時代遅れです。

最新の育毛成分で、安心・安全に育毛を楽しみましょう。